健康な平均睡眠時間とは:安眠方法と睡眠障害克服法

健康な平均睡眠時間とは

睡眠不足になるのはよくないと言いますが、一体何時間の眠りが人間にとって、快適なのでしょうか? どのくらいの時間を就寝時間に充てれば健康的にすごせるのでしょうか? また、平均睡眠時間が健康に良い時間と一致はするものなのでしょうか?

実は、時間的平均睡眠時間がどれくらいかと言うと世間では8時間というふうに言われています。

しかし、6時間とも7時間が良いという説もあり、一重にどれが正しいとは言いがたいです。 医学的には、最も長生きできる就寝時間は7時間であるという説もあります。

しかし、上記以外にも平均的な睡眠時間でない人、例えば、9時間以上寝なければ日常が辛いという人もいれば、 3時間しか眠らなくても大丈夫という人もいますので、人それぞれであるということがよく分かります。 また、眠りの質によっても、人の最適な就寝時間というのが変わってくるというのもあるでしょう。

例えば、3時間しか寝なくても、質の良い深い眠りを得る事ができる人はそれで大丈夫なのでしょう。 また、目覚めのタイミングというものもあるでしょう。 眠りの深さも時間帯によって違いますから、どのタイミングで目覚めるかで寝起きの良し悪しが違うのだと思います。


人の眠りのリズムには、深い眠りのノンレム睡眠と浅い眠りのレム睡眠が交互にやってきます。 深い眠りであるノンレム睡眠中に無理矢理目覚めると目覚めがよくない筈です。 しかし、覚醒に近い眠りであるレム睡眠の時に目覚めるとすっきりした目覚めである事がわかっています。

レム睡眠は1時間半から2時間ごとにやってくるので、 目覚ましなどをかけて目覚めようとする時はこれを念頭に逆算して眠りにつくようにすれば、すっきりと目覚め、 寝起きもきもちよく過ごすことができると言えます。

カテゴリー:睡眠の嘘と本当


ひさびさに熟睡できました!

>>睡眠薬やお酒を飲まずに30分以内に眠りに落ちる方法


健康な平均睡眠時間とは:関連記事

かなしばり
眠っていて、急に身体が動かなくなった。眠りに入ったのはいいけれど、なんだかおかしい。 人によっては誰...

こむらがえり・いびき
口を空けて眠る人 眠っている時のハプニングでなんと言っても辛いのがこむらがえりです。 こむらがえ...

おねしょ
睡眠中のハプニング!え?睡眠中のハプニングって何かあるっけ? だって寝てるから何もないでしょ・・・。...

不眠症対策をするためには、まず、あなたの身体と精神の状態をしっかり把握しなければいけません。 なぜならば、眠れないという原因には色々なパターンがあるからです。
ただの不眠症だから治療すれば治る!と安易に考えるのは辞めましょう。 寝れないという病気には、「睡眠時無呼吸症候群」や「ナレコレプシー」など、 長期の治療が必要だったり、場合によっては薬物治療などを要する場合があります。

不眠症の改善に向けて、まずはあなたの症状をチェックすることから始めてみませんか?